医療広告ガイドライン

新しい医療広告ガイドラインにご注意!

新しい医療広告ガイドラインが厚生労働省から発表(2018年6月)され、
公式ホームページを持つ病院やクリニックは見直しを迫られているようです。

クリニックホームページ制作会社にも問合せが多くなっており、
当事務所でも対応に追われております。
「術前術後(ビフォアアフター)」「体験者の声」
「決めつけ表現(絶対効きます!、一度で治ります)」
「値引き価格の過剰表現(今ならOOとセットで¥OOOO!、ただ今キャンペーン価格、、、)」
などいわゆる『患者を惑わす表現』は規制対象となります。

当事務所で管理させていただいているサイトに関しては順次対応しておりますのでご安心ください。

参考→厚生労働省「医療広告ガイドライン

主に(行き過ぎた広告を打つ)医療施設にスポットを当てた規制だと思いますが、
一方で患者さんの『治したい気持ち、症状を知りたい気持ち』にも
上手に応えてあげる必要があると思っています。

ガイドラインを遵守しながら患者ファーストに

価格をホームページ上で全て削除してしまったら、
患者さんにとっては有益ではないホームページになってしまいます
(何もかも細かく電話で尋ねなければならない)。
ビフォアフターがないとイメージもしづらいし、、、、。

広告ガイドラインを遵守したうえで患者さんファーストなコンテンツにしていくことが
これからのクリニックホームページの役目だと思います。